にゃんだふるでいず~2016年秋~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

光陰矢の如しとはよく言ったもので、つい最近夏の記事を書いたと思っていたのだが、すでに我が家の周りではトンボが空を所狭しと飛んでいる。

秋の到来である。

一歳になったキーさん、依然として体躯は小さいものの、日々元気に家の中を駆け回っている。

そういえば先日、避妊の手術を受けた。

受ける事に対しては細君とずっと議論を繰り返した。

倫理的なことなので、人間のエゴなんじゃないのかという話から始まり、そう考えると「飼う」というアクティビティ自体が倫理的なのではないのかもしれない。という極論位まで達し、なかなか踏み切れずにいたものの、我が家の周りの自由猫との接触など万が一の事も考えて施術することにした。

そんな初秋の彼女の様子を記すことにする。

14001705_832267493577250_1623698146_o

今年は細君の友達がよく来訪し、彼女を愛でるのだった。

14045422_839545666182766_916418372_o

彼女に完全に心酔した細君は、彼女のために布団と枕を制作。

14114120_840498809420785_894752489_o

隠れてる。

14285131_849287521875247_371982620_o

また隠れてる。

14408213_857068221097177_1228657156_o

またまた隠れてる。

14408094_857068271097172_2040694594_o

隠れているつもりなのだろう。

20161003_215355

難易度高め。

14393938_857068214430511_516962682_o

ベーコンエッグを狙うキーさん。

14394013_857068264430506_906788918_o

どうやら袋が好きらしく、どんなに寝起きで眠かろうとも必ず一度潜る。

14453923_858013431002656_74262541_o

モフられるのが好きなんにゃ!!!

14455950_858011544336178_1091271114_o

透き通るような目で凝視されると困る。ほかのことが手につかなくなるから。

14467018_858011541002845_704741043_o

猫の眠る様はいつ見ても本当に和む。

20160922_004822

ふと気がつくと、布団かけて人間みたいに寝てる。

20160923_175144

息子を眺めているおまんじゅう。

14438918_857068277763838_17938981_o

手術後の痕を舐めている。痛い思いをさせてごめんよ、キーさん。

知人の写真家が美しい写真を撮ってくださった。

13918764_832267616910571_1052928468_o

13932257_832267640243902_1297247825_o

13950792_832267703577229_1052404124_o

今月はギロチンタイプの爪切りを購入した。

細君と最近キーさんのことをよく話す。

猫は長くても15年くらいしか生きられない。

だから彼女の死の方が僕たちよりも当然早いだろう。

彼女がいなくなったとき、僕達はきっととても悲しむだろう。彼女はもう家族の一員だからだ。

時間は永遠ではない。有限なのだ。

残された時間が分かれば、誰ひとりとして無駄な時間は過ごさないだろう。

倫理を考えたら答えなんてないのかもしれないが、少なくともキーさんには影山家の住人として生きて、死ぬ時には「影山家で生きられて幸せだったにゃ」なんて思って欲しい。

今から死を意識するなんて縁起でもない事なんだけど、どうやって死を迎えるかを考えることで、僕たちができることは見えてくる気がする。それは自分の人生とて然りだと思っている。

秋の風にそよぐ小さな命は、今日も我が家で愛を育んでいる。

20160823_195416

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

夫婦で音楽やっております。