にゃんだふるでいず~2016冬~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

木々の葉も枯れ落ち、残された枝たちが悠々とした生命力を帯びながら木枯らしに身を揺らしている。

先日11月ではなかなか体験できないしっかりした降雪に見舞われ、冬の到来に拍車がかかったのである。

愛猫のキーさんにとってもガクブルの季節の到来である。

去年に引き続き、炬燵が彼女の住処と化している。

そんな冬のキーさんの日常に迫る。

15303819_904931689644163_1251427114_o

うちのCDJブースは暖かいみたいで登ってドヤ顔で見下ろしてくる。

15311382_904931666310832_1740746145_o

ぬくぬくのオフトゥンが好き。

15356972_904929349644397_284288040_n

ストーブのそばも彼女のテリトリーである。

 15368818_904929346311064_1337219038_o

哀愁を感じる背中だ。

15387345_904931696310829_2089601106_o

冬の朝日が部屋を温めるころ、彼女も目を覚ます。

15397808_908375332633132_1745976599_o

私も暖かい部屋の中に入れてください!

15451176_908371602633505_408979845_n

寒いけど元気である。躍動感!

15416041_908373089300023_1633549515_n

ご飯を待つキーさんとそれを眺める愛息。

15357050_908373092633356_1228117901_n

仲良しです。

15435884_908371605966838_1896102352_n

暖かい場所を探して回ってる。

1480227207877

サンクチュアリを発見したみたい。

cypryppveaao75e

 姫の籠城である。大体ここにいいる。

キーさんの持病のせいで、寒い季節になるとどうしてもくしゃみと鼻水と涙が出てしまう。

点眼点鼻もしているのだが、幼い頃に猫風邪を患っていると宿痾(しゅくあ)になってしまうという。

いたたまれないのではあるが、なるべく暖かい環境をつくるようにしている。こたつに入ってくれている分には良いのだが、、、、。

愛息も生まれたので、今年の年末年始も家でまったりする予定。

家族四人で寄り添って過ごそう。

そんな幸せは他にない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

夫婦で音楽やっております。

コメント

  1. 中島 朋子 より:

    はじめまして。アカラシアの手術の記事を読ませて頂いたものです。昨日胃カメラを受けて、軽いアカラシアの所見が見られるという結果が出ました。確かにそれらしき症状を自覚しておりまして…。すぐに手術ってことはまだ考えておりませんが、手術のことについて色々教えて頂きたくてコメント残させて頂きました。

  2. heartleaf より:

    中島様

    コメントありがとうございます。
    僕の分かる範囲でよければ、是非お力添えできれば幸いです。
    先程ご記載のメールにメールをしたのですが、返って来てしまいました。

    何かありましたら、コンタクトフォームよりお気軽にお問い合わせください。
    直接のやり取りも可能ですので、その際はやり取り可能のアドレスにてご連絡いただければと思います。

    管理人

  3. 中島 朋子 より:

    早速の返信ありがとうございます。
    使い勝手が分かっておらず、こちらで返信させて頂きましたm(._.)m
    メールまでして頂いたのですね。ご丁寧にありがとうございます。
    実は、迷惑メール対策でPCからのメールをブロックしておりまして(;´д`)
    他にアドレスを持ってなくて申し訳ありません。
    時間がある時にPCからのメールでもやりとりできるアドレスを作ろうかと考えております。
    アカラシアの症状は、現在どうですか?

  4. heartleaf より:

    中島さま

    お返事ありがとうございます。
    術後の経過は良好です。
    アカラシアと思われる症状は今のところ皆無です。

    またいつでもご連絡お待ちしています!

    管理人

  5. 中島 朋子 より:

    そうなんですね!良好ということで何よりです。手術する病院はどのように選択されたのですか?また、アカラシアの胸の痛みってどの辺りがどんな風に痛みますか?胸の中心より少し右側が押すと痛む感じなのですが何の痛みなのかわからなくて(u_u)最近いろんなストレスが重なって不眠の症状もあるので、ストレスが原因のような気もしますし…

  6. heartleaf より:

    中島さま

    病院は、自分でアカラシアの事を調べていた際にPOEM手術の生みの親である井上晴洋先生の事を知りました。井上先生の手術を受けられるのが東京江東豊洲病院だけでしたので、そちらに決めました。

    アカラシアの際の痛みは、押したりせずにも胸の真ん中が激しく痛む感じでした。 意識が薄れるくらい痛い時があり、今思い出すのも嫌になるくらいでした。

    アカラシアの原因ははっきりしていないものの、ストレスも1つの要因として考えられているそうです。
    ストレスフリーの生活を手に入れるのも、有効な選択肢かとは思います。

    管理人

  7. 中島 朋子 より:

    ご丁寧にありがとうございます。
    確かに他のアカラシアの方のブログ見てても井上先生という方がよく出てくるような気がします。
    アカラシアの診断は地元の病院で診断されたのですか?
    胸の痛みはそのような感じなのですね。それは辛いですね…。

    やはりストレスも一要因なのですね。
    もともと、食欲不振、吐き気、げっぷなどの症状が続いており、良くない病気じゃないかと考え過ぎたり、仕事も忙しい時期なのでこんな時に体調崩してしまってどうしよう…という不安から不眠になりました。。さらに免疫力が落ちて、風邪やら扁桃炎やらを患いました…。
    安心を得るために胃カメラに踏み切り(胃カメラも怖くてそれもまたストレスでしたが…)、胃のびらんと軽度のアカラシアの所見があると言われました。
    アカラシアのことを調べると、一生付き合っていくか手術しかないと書いてあってかなり怖くなり…。思い当たる症状もあって。
    怖くて余計に寝れなくなりました。悪循環ですね。今まで手術など受けたことないので、手術って聞いただけでビクビクしてしまって…。
    でもこうして経験者の方に色々お尋ねできるので、とてもありがたいことです。
    長々とすみませんm(._.)m

  8. heartleaf より:

    中島さま

    アカラシアとPOEMの事は、自身で調べて地元の病院で自分から説明しました。
    アカラシア自体認知度の低い病気ですので、知らないお医者様も結構いらっしゃるみたいです。
    POEM手術のことも、自分から探さないとまず勧められないと思いますので、お辛いところではあると思いますが、自身で判断されるほか無いと思います。

    手術となると大騒動ではありますが、アカラシアと一生涯付き合う事を考えると根治させてしまった方が絶対にいいです。あくまで個人的な経験則ですが、、、。

    仕事も大事ですし、生活も大事ですが、僕は何よりも身体が一番大事だと考えます。

    手術で色んな不安から解消される事を思えば、手術の事も考えてもいいとは思います。

    お辛いとは思いますが、アカラシアは治る病気ということだけは伝えておきたいと思います。

    管理人

  9. 中島 朋子 より:

    毎度ご丁寧にありがとうございます。
    なるほど!そうだったのですね。
    管理人様が地元の病院で説明されて、そこで検査してアカラシアと断定されたということでしょうか?
    私は胃のびらんの症状もあるので、とりあえずびらんの薬を一ヶ月間飲んでまた診せてくださいと言われました。必要であればバリウムで検査しますと言われました。
    胃カメラとバリウムでアカラシアって分かるってことですかね!?食道内圧検査ってのはどこの病院でもできるわけじゃ無さそうですもんね。

    手術を受けるとしたらやはりPOEMがより効果的なんでしょうか。バルーンは効果が薄れてくるから何度もやらないといけない感じですもんね。

  10. heartleaf より:

    中島様

    おっしゃる通り、自分で調べた結果を医者に説明し、診断された形です。

    僕があ辛しあを最初に診断されたときはバリウムを受けた際の結果によるものでした。恐らく胃カメラとバリウムをすれば診断される確率は高いと思います。
    アカラシアと診断された場合は井上先生に相談するのが一番効率的だと僕は考えます。

    ブログなどにも経緯や個人的な見解などを詳しく書いておりますので、もしよろしければそちらもご覧になって頂ければ早いかもしれません。

    管理人

  11. 中島 朋子 より:

    ブログ熟読させて頂きました。読ませて頂いたつもりだったのですが、見落としもあったりしてすみませんm(._.)m

    そしてまたまたお伺いで申し訳ありませんが、入院前の検査ってどのようなことをするのですか?
    また、食道内圧検査というものは麻酔等を使わずに行われるのですか?すごく苦しいとブログに書かれてる方もいたのですが…(;´д`)

  12. heartleaf より:

    中島様

    入院前の検査は胃カメラや内視鏡検査、食道内圧検査、問診などです。
    食道内圧検査は局所麻酔をしました。僕の場合はそんなに苦しくなかったのですが、人によっては辛いとおっしゃる方もおられるようです。

    入院や手術に際しての検査や手間はしょうがないとは思います。
    多少辛い思いをしてもアカラシアを治すためですので、僕的には殆ど苦になりませんでした。

    管理人

  13. 中島 朋子 より:

    ちなみに胃カメラは鎮静剤を使えるとのことですが、鎮静剤を使うと全く記憶のないうちに終わってしまうのですか?私が先日受けた胃カメラは鎮静剤無しの鼻からの胃カメラだったので、どういうものかよく分からなくて。
    本当にご丁寧に教えて頂きまして感謝しております。アカラシアという病名自体今回初めて聞いた病名ですし、周りにも知ってる人がいなくて、情報量が少なくて戸惑っておりましたが、管理人様に色々と教えて頂いて本当に助かりました。

  14. heartleaf より:

    中島さま

    江東豊洲病院ですと、胃カメラは基本的に麻酔下で行い、気がついたら終わっている状態でした。
    どの病院でも恐らく麻酔の有無は自身で決められると思いますので、都度相談されてみてはいかがでしょうか?

    認知度が低い病気ですので、まだまだ理解はされ難いと思います。不安な日々でお辛いとは思いますが、このブログが少しでもお役にたてましたら幸いでございます。

    ご自愛くださいませ。

    管理人

  15. 中島 朋子 より:

    毎度ご丁寧に回答して頂き本当ありがとうございます。

    管理人様は、地元の病院の紹介状ではなくて直接ご自分で井上先生とコンタクトを取られたのでしょうか。

  16. heartleaf より:

    中島さま

    いえ、直接ではなく、井上先生宛の紹介状を持って、普通に窓口からの受信でした。

    予約窓口がありますので、そちらからお問い合わせ可能です。

    管理人

  17. 中島 朋子 より:

    地元の病院で、井上先生宛ての紹介状をお願いしたということですね!
    予約窓口もあるのですね。
    本当に色々教えて頂いてありがとうございます。
    また何かございましたら情報提供よろしくお願い致します。