frekul(フリクル)経由で音源配信が始まっての感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

影山(@heartleafkk)です。

先月frekul(フリクル)に登録してheartleafの1stの音源を配信手続きをしたことを記事にしました。

影山(@heartleafkk)です。 最近、音楽配信のことでなにかと耳にすることが増えた、ミュージシャン支援サー...

配信まで1ヶ月程かかるといわれていましたが、12月20日付で配信が始まっておりました。

amazonでも始まっています。

1

フルアルバムはもともとtunecoreを通じて配信していましたが、heartleafのカテゴリに肩を並べて音源が表示されていました。

で、配信が始まってからいくつか疑問点がありまして、さっきメールで問い合わせたんだけど、今現在で分からないことがいくつかあるので列挙してみます。

これからfrekulを使おうとしている方々の参考になればと思います。

配信日の指定はできるのか?

今回はリリース日などは決めていなかったので、ぬるーっと配信を開始したんだけど、活動によってはCDの発売やイベントに合わせて配信日を設定させたい人もいるかもしれません。

音源の配信登録の際、運営からは

【配信まで一ヶ月ほどかかります】

とだけ言われていたのですが、そこら辺はどうなのか問い合せております。

答えいかんでは、次のリリースもどうしようか迷うところではあるので、とりあえず返信待ち。

配信先でのレーベルなどの詳細は記載できるのか?

僕は個人でレーベルもやっていて、音源関係はそのレーベルで発表しているのですが、frekulではそこまで詳細を聞かれないまま登録が完了しております。

例えばamazonとかだと、

2

このように、登録情報が色々とあるわけです。

オリジナル盤の発売日やレーベル、ジャンルなどはちゃんと正式なものがあるので、frekul経由でもそこまで付け加えられるのかどうか?というところです。

配信先ごとで記載内容が変わってくるので、結構大事なところです。

この辺も今返事待ちですね。

使ってみた感想

まだ配信されて間もないのですが、frekulで運営しているLumitというサービスでは既に50回くらい視聴されてるようです。

他の配信先での動きは今のところ分かりませんが、自身での布教活動も併せつつ動向を伺おうと思います。

上記の2点にも良い返事が来るようなら、痒いところにも手が届く感が出てくると思います。

あと、frekulに登録してるアーティストに定期的に運営からのニュースメールマガジンが届くのですが、代表者の海保堅太郎さん(@kentaro_kaiho)直筆だと思われるセンテンスが掲載されています(引用は控えますが、、、)。

彼自身のバンドマンとしての視点も含んでるセンテンスなので、バンドをやってる人にもこれからやる人にも割と有益な内容になってると思いますよ。frekulはフォロー体制が快いですね、愛を感じる(´・ω・`)

そんなわけで、配信が始まって感じてることはそんな感じです。

また色々動きがあれば記事に興します。

P.S.

代表の海保さんがやってるバンド、普通にイケてた(笑)。

変拍子とかエレクトロなバンドサウンドが好きな人にはツボなんじゃないかな、、、。

この曲が一番好きです(´・ω・`)

それでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

夫婦で音楽やっております。