30秒ポストロックをDAWと自己演奏で作ってみました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35
スポンサーリンク

影山(@heartleafkk)です。

ちょっと前にtwitterで、

#30秒ポストロック

なるハッシュタグを見つけてずっと気になってて、調べたらどうやら不定期でコンペ的に開催しているイベントでした。

twitterのアカウントもあります。↓

@30sec_postrock

 

 

HPも。

 

                    30秒ポストロック Vol.2 ■企画概要  企画、運営:奈加野グリフォン(@naka_gri)  Twitter公式アカウント:@30sec_postrock  企画概要:30秒のポストロックを制作して公開  企画期間:2016年9月1日(木) ~ 2016年10月2日(日...

 

 

 

 

その名の通り30秒でポストロックを作って、ドロップボックスなどでダウンロードできるようになるという面白い試み。

激情っぽい感じだけかと思いきや、エレクトロニカっぽい曲もあったりして色々ツボでした。

 

 

現在はイベントは開催していませんでしたが、ふと思い立って作ってみました。

 

 

勢いで一日で作ってしまいました。

ギター以外は全部打ち込みです。

30秒という限られた時間で何ができるのか?という、いわば自分の引き出しとの戦いですねw

もともとポストロック大好きなので、最初にリフを考えついてからは早かったです。

基本的にはリズムセクション、ベースはcubase pro 8.5付属のHALion Sonic 2の音源使ってます。

ギターは自分のギターをインターフェース直挿しでGTRという、wavesのアンプシュミレーターを使いました。

ミックスまでの工程に関してはそんなに大層な機材使ってないですね、最近ちょっと色々ありましてメインのインターフェースが無くて、zoomのR24を使っておりますし(´Д` )

で、ギターの音のこととかを褒めてくださった方もいたりして、どうやって作ったのかってのはまた違う記事にて詳細書いてみたいと思います。

今回やってみてとても楽しかったので、また時間あるときにでも作ってみようと思っています。

30秒なのでパッと作れてしまうし、こういう取り組みもとても面白いので興味あればぜひおすすめです。

それでは。