ギターやベースを弾くDTMerにオススメする手頃な値段の作業椅子はこれ!!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35
スポンサーリンク

影山(@heartleafkk)です。

そう言えば最近DTMerの皆様が「作業椅子」について言及されてるのを見まして、僕もかつてはいろいろ悩んだ挙句に買ったものを5年位ずっと使い続けてるなあ、とふと思い出しました。

そんなわけで、僕が使ってる椅子はこれ。

20170107_165524

Bauhutteエグゼクティブチェア Delphinデルフィン 跳ね上げ式アームレスト付 スノーホワイト×ブラック合成皮革コンビ張りBU-91

正式名称クッソ長いww

おすすめする理由

えーと、僕はDTMをやる上で一番考えたことが、

「ギターやベースを自分で弾く」

という、バンドマンDTMerとしては至極当然の事でした。

先輩のDTMerに、

「椅子はマジで大事だよ。歳とるにつれて腰とか簡単にやられるから」

なんて脅されておりましたので、一通りの機材を揃えたあとはすぐ椅子を購入しようと考えておりました。

で、いろいろ調べたところ、この椅子にたどり着いたのですが、ギタリストやベーシストに何が優しいかというと、、、

20170110_173921

アームレストを両方上げられる事です。

しかも、右だけ、左だけみたいに、個別で動かせるので、例えばギターを録りたい時はギターの邪魔になる右側だけ上げて録音して、そのまま左肘は左のアームレストに置いたまま編集作業する的な事が出来るわけですね。

バウヒュッテは椅子としてのレビューって結構折り紙付きみたいで、座り心地も良い上に楽器弾く時とかにも便利というギタリストDTMer(過老気味)の僕にとってはありがたい一脚となりました。

20170110_173904

勿論、ガスシリンダー式座昇降による座部のアップダウンや、適度なリクライニング機能も搭載。

椅子の中心部分はメッシュとなっておりますので、夏でも蒸れることなく快適な作業が行えます。

だんだんバウヒュッテの宣伝部長みたいになってきたなw

これ以外の椅子で作業したことないのでほかがどうか分かりませんが、5年経過した今でも何不自由なく使用できておりますので、耐久性なんかも問題ないのじゃないかと思われます。

以下商品詳細を引用。

商品の説明

[商品スペック]
●カラー : スノーホワイト× ブラック
●寸法 :
幅670× 奥行き670× 高さ1100〜1180mm
座部の高さ:420mm(420〜500mm)
※床から座面中央部までの高さ、※ガスシリンダー式座昇降
●重量 : 15.2kg
●構造部材 : 座部:合板、肘掛部・脚部:ナイロン、キャスター: ナイロン
●表面加工 : 座部受金属部:アクリル樹粉体塗装、肘掛部・脚部:ラッカー塗装
●張り材 :
背部・座部:合成皮革(PU/PVC)、ポリエステル
座部裏面:ポリプロピレン、ポリエステル、レーヨン
●クッション材 : ウレタンフォーム
●耐荷重 : 100Kg未満
●付属品 : 組立説明書
[商品詳細]
2種類の生地を使用したコンビネーションデザインチェア。
2種類の生地を使用し、座り心地と通気性にこだわったオフィスチェア。生地の融合の目新しさだけ
でなく、背部にはハンガーフックとバックポケットを装備する等、細かな心遣いを施したオフィスチェア。
BF-91 PU レザーとポリエステルメッシュを融合。通気性と座り心地にこだわりました。

◆◆特徴と機能◆◆
|跳ね上げ式アームレスト
 用途に応じて手軽に跳ね上げできるアームレストを採用。 また、バッグを掛けたり、デスク収納時…

Amazonより

●2種類の生地を使用し、座り心地と通気性にこだわったオフィスチェア
●生地の融合の目新しさだけでなく、背部にはハンガーフックとバックポケットを装備する等、細かな心遣いを施したオフィスチェア
●通気性と座り心地にこだわりPU レザーとポリエステルメッシュを融合
●用途に応じて手軽に跳ね上げできるアームレストを採用
●バッグを掛けたり、デスク収納時にも便利な機能
●アームレストの跳ね上げができ、机の高さを選ばない
●BU-91 にはPU レザーを使用
●高級感のある質感と、柔らかく肌触りの良いPU レザーは耐久性にも優れ、長くご利用可能
●ほどよい弾力で自然と体へフィットするハニカムメッシュ
●長時間の着座でも蒸れにくく、通気性に優れる
●《コンビネーションデザイン》2種類の違う素材を使用することで、クッション性の高さと通気性の良さを同時に実現
●《可動角20度のロッキング》ロッキングメカニズムにより、滑らかなロッキング動作と可動角約20 度の快適なロッキングを実現
●《ロッキングロックシステム》座面下の操作レバーで、お好みにロッキングの禁止/解放を調整可能
●《ロッキングの強度調整》座面下にあるダイヤルを回すことで、簡単・手軽に好みのロッキングの強さに調整が可能

作業椅子ってピンキリだし、多分もっと高いやつとかは良いものも多いと思いますが、直接的に楽曲に関わってくるところでもないので、多額な投資も出来ない方が多いかと思います。

この椅子なら父ちゃんの小遣いでも買える範疇だと思いますので、あんまり安すぎるのも怖いし、かと言って高い椅子の購入も気兼ねしてしまうというようなお悩みを持つ方には自信を持ってオススメできるかな、というところ。

それでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

夫婦で音楽やっております。