医療費控除の申告、やってますか??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 26
スポンサーリンク

影山(@heartleafkk)です。

確定申告の時期ですね。

去年我が家はかなりの金額を医療費に回したため、今年は医療費控除の申請をすることになりました。

そんなお話。

医療費控除とは?

医療費控除とは、1月1日から12月31日までの本人あるいは生計を一(いつ)にする家族のために医療費を支払った場合、一定金額の所得控除を受けられることをいいます。

要は、一つの家庭で病院やら個人病院などで使った金額が一定の条件を満たせば、還付ないし所得の控除として申請できるというわけです。

うちは去年結構な金額使っているので「おまえの家、医療費にお金使いすぎててかわいそうだからちょっと助けてやるね」的なニュアンスです。

このサイトが分かりやすいので、載っけときます。

医療費控除で差し引ける金額と、もらえる還付金額の計算方法を解説。「医療費がかかって確定申告したのに、なぜ還付金がゼロなの?」「かかった医療費50万円が戻ってくるんじゃないの?」と思ったことのある人は必見です。

何がお得なのか?

  • 還付金をもらえるかもしれない。
  • 所得控除になるため、次年の住民税が安くなる可能性がある。

大きく括るとこの2点でしょうか、、、。

払いすぎた医療費が条件を満たせば還付される可能性もありますし、所得控除になるため次の年の住民税も安くなる可能性が充分あります。

また、会社などで年末調整をしていても医療費の控除まではやっていないところが多いので、個人事業主に限らず、年末調整後に個人で申告可能なのもお忘れなくです。

ざっと数えてみた

去年は東京での手術なんかもあったりでしたが、公共機関を使ったのでその交通費も申請対象になります。

んなわけでざっくり計算しましたら、、、

約90万円也。

やべえでしょ、、、。

よくこんなんで暮らしてこれたなあと改めて思いますね(´・ω・`)

ちなみにwavesのmurcury買えます。

嫁の出産に対する一時金やら、保険での補填金とかは差っ引かれての申請なので、この満額って訳ではないのですが、、、。

で、医療費控除額の計算方法は下記の通り。

医療費控除額=(医療費控除の対象になる医療費-保険金等で補てんされた金額)-10万円(総所得200万円未満の人は総所得金額等×5%)

まあ、おそらくは範疇になるでしょう。

新制度開始

で、今年から、新しい制度が始まりました。

2017年から、市販薬の購入費を対象にした新たな節税方法が一つ加わりました。「セルフメディケーション税制」の意味、利用の仕方、対象商品である「OTC薬品」の見分け方、留意点について見ていきましょう。

市販薬ももしかしたら控除の対象になる可能性もありますので、レシートなどはなるべくとっておきましょう。

個人事業主じゃなくても確定申告が必要になる場合もあります。

医療費控除は割と知らない人も多いそうなので、頭の片隅にでも置いておくくらいでもいいと思います。

それでは(´・ω・`)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

夫婦で音楽やっております。