著作権フリーBGM配布サイト【HURT RECORD】を辞めました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 26
スポンサーリンク

影山(@heartleafkk)です。

一昨年くらいから所属していた著作権フリーBGM配布サイト【HURT RECORD】ですが、実は今年に入ってから所属解除の申請をしました。

離れた理由はいくつかあるんですが、端的に言えばこれからの自分の活動を考えた結果です。

全然ネガティブな話でもないし、所属した経緯などを踏まえてこれからフリーBGMへの参入を考えてる方のためにも自分的にまとめてみます。

HURT RECORDに入った経緯と辞めた理由

所属の経緯は、単純に自分の力を試したいと思ったからです。

HURT RECORDの良かったところは、月一でテーマが配布され、テーマに沿った楽曲を作ることが前提だということです。

当初、BGMを作るということがどういうものか把握しきれてなかったので、月一でテーマが来ることも、それに応じてテーマ通りの楽曲を作るという作業も、アーティスト活動でしかDTMを使ってなかった自分にとってはとてもありがたいシステムでした。

テーマは一ヶ月ごとですが、製作期間は基本的に2週間ということで、時間がない僕にはちょうどいい猶予だったのも大きいですね。

まあ、そんなわけで月一でBGMを作ってきたわけですが、

  1. テーマをもらわなくても自発的にBGMを作るようになったこと
  2. 今年から発信のプラットフォームの厳選
  3. 基本的には直接収益には繋がらない

主にはこの3点から辞めることを決意しました。

今年は後半あたりにとあるジャンルに特化したBGMサイトを自分でも立ち上げようと思っているので、時間的な縛りもかなり出てくるし、今年前半でこれからの自分の活動をよく考えて動いていきたいと思います。

こんな方にはおすすめ

僕がそうだったんだけど、例えばDTMである程度曲が作れるようになったけどなかなかBGM的なものを作れない人とか、BGMを作るのが苦手な人自分の力を試したい人なんかにはオススメできます。

ストック収入的にはアドセンス貼れるDOVA-SYNDROMEなども良いとは思いますが、HURT RECORDの「月一でテーマが出される」のと「納期が決まっている」っていうのは初心者にはちょうど良い縛りなのかな?と思います。

クリエイター同士の評価しあう制度があり、それに参加するのも技術の向上に繋がるし、たまにコンペ的な事もやってるので上手く使えば収益化も可能です。直接依頼などもあるようですし(僕はそれで依頼が来たことはありませんが、、、)。

それらに慣れてきたら、オーディオストックやニコニコモンズなどに流れるのもひとつの手かもしれません。現に僕がそうでしたから。

興味がある方は下記URLから。

所属にあたり審査もありますので、まずは問合わせてみてください。

無料の著作権フリーBGM(音楽)1039曲・効果音(SE)470ファイルを配布しています。商用利用も可能で、利用規約の範囲内であれば自由に使うこともできます。毎月多くのサウンドクリエイター達がオリジナルの新曲BGMをリリースしています!

最後になりますが、

BGM初心者だった僕を育ててくれたHURT RECORDに心から感謝しています。

今があるのはこのレーベルがあったからこそ。

本当にありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

夫婦で音楽やっております。

コメント

  1. 通りすがり より:

    読ませていただきました。私も完全にフリーランスで活動してる作曲家ですが
    効率的に直接収益に繋がらないのであれば、時間が勿体無いのでささっとやめて正解だと思います。
    その時間に自分の得意な曲を磨くとか、他の方法でマネタイズできる手法を試してみるとか、時間の使い方はさまざまだと思います。