パパが始めるDTM ~~予算3万円でDTMを始めたいなら何を買うか?~~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

影山(@heartleafkk)です。

先日、家庭を持つバンド友達から

「DTMを始めたいんだけど何を買えばいいか分からない」

と、相談を受けました。

パパが始めるDTM ~~最初の解説編~~

パパが始めるDTM ~~機材を揃える・PC編~~

パパが始めるDTM ~~機材を揃える・オーディオインターフェイス編~~

このシリーズ、そう言えば全然続き書いてないですね、ごめん。

今回相談を受けたバンドマンにもやっぱり金銭的な心配も有り、何とか予算内でとりあえずそれなりの事をしたいとのことでしたので、現在の予算やDTMでやりたいことを聞いてみました。

  • 初期予算は3万円
  • バンドのためのデモ作りがメイン
  • ギターやシンセも自己演奏のものを録りたい
  • ヘッドフォン環境での制作になる

大きく分けるとこんな感じです。

バンドマンがバンドのデモを作る程度ならそんなに色々な機能も最初はいらないと思うし、自分でも演奏して録れるのも大きな強みです。

慣れてきたら徐々にグレードアップも考えているということなので、とりあえず予算内で希望の条件を満たせそうなものを僕なりに考えてみました。

予算3万円でDTM始めるならならこれを買います

オーディオインターフェース・・STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR12

MIDI鍵盤・・・・・・・・・・KORG ( コルグ ) / microKEY-25

ヘッドフォン・・・・・・・・・SONY ( ソニー ) / MDR-CD900ST

僕が予算3万円で今選ぶならこの三つです。

amazonで揃えるとトータル31139円ということでちょっと足出ちゃってますが、そのへんはなんとかがんばってください(´・ω・`)

見てお分かりだと思いますが、まさかのDAWは買いませんwww

理由もあるので、一つ一つ解説をします。

オーディオインターフェース

オーディオインターフェースはSTEINBERG ( スタインバーグ ) / UR12をチョイスしました。

フロントにはコンボジャック一つとTRSのライン入力が一つというシンプルな設計。

自分でギターやシンセを重ねるということなので、HI-Z端子付きのコンボはひとつあれば事足ります。

アナログで録音する場合には24bit/192kHz対応というところもありがたいですね。

また、もしもコンデンサマイクなどでデモのメロディを乗せる場合でもファンタム供給可能なので使い勝手もいい。

UR12にはcubase AIのライセンスも付属するので、とりあえずDAWはそれを使います。

のちのちにアップグレードを考えているので、最初はバンドル版のDAWで始めて自分なりのDTMの水準値を決める。 

トラック数や準拠するプラグインにも制約があるので、足りない機能や音色が分かってきたらDAWをそのままアップグレードすればいい。 

AIにもドラム音源「Groove Agent SE」やギターのアンプシュミレーターも収録されているので即戦力は充分です。

ひとつだけ、バンドル版には一定の形式での書き出し回数のも限度数があることも頭に入れて置いてください。 僕は前そのことで一時期時間をロスした経験があるので、、、。

バンドル版から上位有料DAWへのアップグレードの際には値引きもあるので、そのへんもうまく使えればいいですね。

シンセを録るということなので、ステレオで録音できるUR12のもう一つ上の機種であるUR22が欲しい所ですが、予算の関係と「デモを作る」という観点からUR12を選びました。

UR12のアウトプットはRCAピンしか付いてないけど、ヘッドフォンでの制作になるということなので無視。

もし予算内でもUR22が欲しいならヤフオクとかでもちょいちょい出てるのでそっちでも揃えてもいいかもしれないですね。

UR12とUR22の違いは藤本さんの比較記事がとても分かりやすいので参考にしてみてください。

12月21日に、Steinbergブランドのオーディオインターフェイスとしてヤマハから発売されたUR12は、税込みの実売価格10,800円前後という激安製品。2IN/2OUTのオーディオインターフェイスながら24bit/192kHzまで対応するとともに、DAWであるCubase AI 7がバンドルされているとい

MIDI鍵盤

DAWのエディターでMIDIをベタ打ちしてもいいんだけど、MIDI鍵盤は欲しいところ。

制作のモチベーションや効率にも大きく影響します。

多機能のものを買うのはとりあえず置いておいて、MIDIを問題なく打ち込めるKORG ( コルグ ) / microKEY-25を選びました。

音源のライセンスやクーポンが付いているのも地味に嬉しいですね。

作業スペースも心配されていたのですが、ミニキーボードなら場所も取らないしオクターブもボタン一つで上下できるので、デモ作りくらいなら問題ないです。

ドラムパートなどのリズムセクションを作るときも、ベタ打ちで作るよりもMIDI鍵盤叩いてリアルタイム入力して、クオンタイズ(演奏データのタイミング補正)かけたほうが早い場合も多いです。 バンド出身者ならなおのこと実感できると思います。

実は僕もKORGのMIDI鍵盤、micro key 61をずっと使ってます。

ヘッドフォン

音楽関係者やDTMに触れる人なら大体ご存知だと思いますが、ヘッドフォンにSONY ( ソニー ) / MDR-CD900STをチョイス。

ヘッドフォンでの制作が主になり、今のところモニター導入は考えていないとの事なので、リスニング環境には投資しておきたいところです。

海外とかだと賛否両論らしいですが、日本だとモニターヘッドフォンの中ではスタンダードです。

他の機材よりもヘッドフォンへの投資が一番でかいですが、僕個人的には最良のリスニング環境を作ることは最優先事項だと思ってます。

何が悪くて何が良いのか? そういう事を判別するためにも、良いリスニング環境があってこそ分かることだと思うので。

解像度も高いし、それぞれの音が独立してモニターできるため、とにかくバランス良く音を確認できます。

僕も900STをずっと愛用していますが、日本のスタンダードと言われるのも頷ける性能なので、僕の作業では切り離せないヘッドフォンになってます。

まとめ

3万円という限られた予算ですが、この三つなら当初の条件をある程度のレベルでみたせると思います。

まずは低投資で機材を揃えて、

DTMがどういうものなのか?

DTMで何ができるのか?

自分が望むものは何か?

この辺の水準を明確にしていくのがいいかと思います。

足りないものは後から追加も出来るし、機材もオークションを使って売り買い出来れば色々と試せる機会は増えそう。

バンドマンからDTMの事を聞かれるの、なんだか嬉しいですね。

僕もまだまだ未熟ですが、バンドマンへのDTMを薦める者としては非常にありがたいです。

民生用機材の進出やボーカロイドなどの普及により、その存在を爆発的に世界に広めている「DTM」。今回は現役バンドマンとして、そのポテンシャルや...

それでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

夫婦で音楽やっております。