長野が生んだ孤高のシンガー【ヒグチアイ】の話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

というわけで、我がレーベル主催の不定期イベント「雨音日和」の第五弾が、2017年6月11日に開催されることになりました。 ...

というわけで、6月11日の雨音日和に出演が決まっている【ヒグチアイ】という最高のシンガーソングライターのお話。

ヒグチアイ

平成元年11月28日生まれ

生まれは香川県、育ちは長野県、大学進学のため上京し、東京在住。

2歳のころからピアノを習い、その後ヴァイオリン、合唱、声楽、ドラム、ギター、など様々な音楽に触れる。

18歳で鍵盤弾き語りシンガーソングライターとして活動開始。2012年9月6日に渋谷O-WEST

にて自主企画&レコ発ライブを行う。

2013年9月5日にも渋谷O-WEST で自主企画を行い、200人以上を動員。年間のライブ本数は150本を超える。ライブで地道に音楽を伝え、男女年齢問わず人気を集めている。

2014年2年26日(水) にシンガーソングライター大柴広己をプロデューサーに迎え、「ZOOLOGICAL」レーベルより、ファーストアルバム「三十万人」でファン待望の全国リリース。

2015年3月18日(水)にはセルフプロデュースによる待望のセカンドアルバム「全員優勝」をリリースし、全国約40ヶ所でのライブツアーを行う。5月15日(金)にはツアーの集大成となるバンド編成によるワンマンライブを東京・渋谷WWWにて行い満員の大盛況で終える。

2016年11月23日にはアルバム「百六十度」で、テイチクエンタテインメント タクミノートレーベルより、待望のメジャーデビュー。

2017年1月には、ヒグチアイ「百六十度」ツアー2017〜東名阪ワンマンライブを行う。(1/7東京・渋谷WWW、1/9愛知・名古屋ell.SIZE、1/10大阪・心斎橋JANUS)

その後、4月22日長野JUNKBOXまで、全国ツアーを敢行。

鍵盤弾き語りシンガーソングライター、ヒグチアイのオフィシャルサイト

twitter→→→@HiguchiAi
facbook→→ヒグチアイ

心に突き刺さる世界観と歌

彼女の魅力は一言では言い表せられないんだけど、強いて言うならばその類稀なる世界観と、ぐさりと突き刺さってくる歌詞と歌です。

等身大の自分を包み隠さずに表現し、時には荒々しく、時には全てを包み込むような優しさに満ち溢れた楽曲たち、、、。

確かな表現力と歌声もそうですが、僕が特に感銘を受けるのは、様々な思いや葛藤の中の自分をひたむきに受け入れて、実に人間らしい歌を届けてくれること。

嘘がないであろう彼女の歌は本当にストレートで、ライブを観ているとまるで全身を鷲掴みにされているような、そんな気さえする。

今までいろんなシンガーソングライターの方々と共演してきましたが、実は僕のなかでは一番尊敬してるSSWです。

僕自身も長野市で活動していたこともあり、何度か共演させてもらったり僕が関わるイベントなどに出演してもらったりと色々とお世話になっているんだけど、普通に一人のファンとしてもあらゆる皆さんに是非彼女のライブを観てほしいのが本音です。

ネクストステージに立つヒグチアイ

実を言うと、雨音日和には過去二回ほどオファーしてたんだけど、タイミングが合わなくてずっと招聘することができませんでした。

そんな中、彼女は去年華々しくメジャーデビューを果たし、アーティストとしてのネクストステージに進みました。

デビュー前からもこの「最強スリーピース」としての活動を続けてたんだけど、このドラムはあの東京事変でも有名な刄田綴色さんです、すごいです。

僕はヒグチアイちゃんに会うたびにずっと、

「ヒグチアイが売れないならこの世界のほうがおかしい」

と豪語してきました(笑)

なので、彼女がメジャーになったことは個人的にもとても嬉しくて、いつか必ず伊那市に呼んでいろんな人に彼女を知ってほしいと思っていました。

夢でした

彼女のライブを伊那市で観られることは、ずっと夢でした。

しかも、会場の雨ことばカフェはライブハウスのような広いキャパは無いぶん、ほぼゼロ距離で彼女のライブを体感できます。なかなかないと思います、この先でも。

MVのリンクを色々貼ってあるので、何本か観ていただければ彼女の音楽性や世界観は伝わるとは思いますが、とにかく生で見て欲しい、ただただそれだけです。

一般の方もそうですが、音楽をやるものとしては、全ての歌うたい達に見て欲しい。

きっとそのパフォーマンスから得られるものはたくさんあると思うし、たった一人のライブでもここまで心を動かされてしまうことを全身で感じて欲しいです。

正直、ヒグチアイのライブを見て何も感じないなら、多分心が死んでる。そのくらい思ってます僕は。

今回の雨音日和は、「ガラスのこころ、よいおんがく」というサブタイトル通り、きっと涙なくしては居られないような感情を心に突き刺してくれると思います。

せっかくなので、彼女のステージ時間は長く取ってあります。

全身全霊を持って全国民におすすめしたい、ほんと、それだけです。

最後に、僕がヒグチアイの曲の中で一番好きな曲をご紹介します。

当日、歌ってくれるといいね。

予約、だいぶ埋まってきています。

どうぞお早めにお問い合わせください。

TOTAL INFO

heartleaf music activity

080-5146-4274(影山)

info@heartleafkk.com
http://heartleafkk.com

雨ことばカフェ(長野県伊那市御園630-1)

0265-98-7350

info@amekotoba.com
http://amekotoba.com