父ちゃんDTMerがおすすめする、創作時間を生み出す4つの心得

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 39
スポンサーリンク

家庭を持つ父ちゃんDTMerにとって、曲作りをする時間の捻出が非常に重要になってきます。

かくいう僕も、外での仕事や子育てに介入しながらの音楽活動なので、言わずもがな時間も限られているわけで。

そんな日々の生活のなかで、どうやったら創作する時間を少しでも増やせるかを考えた結果、最近実践している4つの心得をご紹介。

まああの、父ちゃんDTMerと言ってますけど 別に家庭を持ってない人でも充分実践できるタスクなのでね、間口をゆるーく考えてください。

情報収集や連絡は出先で

SNSをdigしたり、プラグインのセールを調べたり、DTMの勉強をしたりと、ネットを使って色々動くわけですが、最近僕はなるべく出先で調べたりするようにしてます。

クライアントさまとのやりとりもなるべくなら出先で行うようにして、自分のパソコンと向き合ってるときはなるべく制作に時間を使う。

まあ、全部が全部そうできてるわけじゃないんだけど、単純に考えてSNSのTLを毎日5分追うと考えると1週間で35分、1ヶ月で約2時間30分の節約になります。

通勤中や休憩時間は勿論、病院の待ち合いや待ち合わせのちょっとした時間など、捻出しようとすればある程度の時間は捻出できる。

空いた時間にゲームもいいですが、その時間に他の事を充てれば、少しずつだけど創作する時間を増やせます。

塵も積もればなんとやらですね、限られた時間の中で少しでも創作の時間を増やすことを心がけてます。

食事は腹5分目位にする

人間、お腹が一杯になるとどうしても体を休めたくなるものです。

勿論休息も大事なのですが、動けなくなるほどご飯を食べても非常に効率が悪い。

またこれは個人的な感覚なのかもしれないけど、満腹だと怠惰な自分に負けそうになるし、判断も甘くなるような気がしてます。ちょっとくらい空腹でいる方が、冷静で動きやすい。

曲作りしてるときに動きがどうとかあんまり関係ないような気もしますが、なるべくいつでも身軽な感じでいた方が制作が捗る印象。

本能というか煩悩というか、まずは己を制することこそ創作に対する一番の効率化なのかなぁ、と最近思ってます。

お酒を呑まない

これも前項と同じことですが、お酒を呑むとどうしても色々どうでもよくなっちゃうこと多いと思うんですよ。

僕の知り合いのDTMerの中にも、お酒好きな方が沢山いるのでヒンシュク買いそうですけどね、僕お酒呑むと割と自分に甘くなってしまうので、お酒はなるべく呑まないようにしてます。

僕の場合は、ギリギリ制作は出来るけど編集作業が特に捗らないんです。

お酒回ると耳もぼんやりしてしまうし、それこそ冷静な判断がしづらくなる。

勿論、呑むような機会の時は呑みますが、個人的な晩酌とかしないです。もともとそんなに呑む口でもないんだけど。

あとはあんまり無益な飲み会みたいなのは行かない。

この辺の事は人それぞれだと思うんですけどね、僕は酒もたいして強くないし好きでもないので、創作時間捻出のために僕は摂生してます。

嫁を大切にする

父ちゃんとしては、家庭のこともちゃんとやりながら自分のやりたいこともやりたいところ。

夫婦円満でいることで、自分のやりたいことをやらせてもらえる時間が増えたり、応援してくれたりします。

あと、喧嘩すると精神的にも制作どころじゃなくなるのでね、なるべく怒らないように心がけると、必然的にコミュニケーションも穏やかになる。

外で散財せず、職場と家の往来のみだなんて、なんて真面目な旦那さんなのでしょうか(笑)

「亭主元気に留守がいい」なんてよく言いますけどね、そのへんは各自でなんとかしてください(笑)

浮気や不倫はやめた方がいい。お金も時間も失うので。クリエイターには不向きすぎる。

まとめ

大事なのは、

  • ちょっとずつでもいいから時間を増やすように心がけること
  • なるべく冷静沈着で平坦な日々を過ごすこと

この二点です。

ここまでストイックにする必要もあるのかは分かりませんが、少なくとも自分の場合はそのくらいしないと時間をひねり出せない境遇なので(´・ω・`)

悟り開けそうですwww

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

夫婦で音楽やっております。