音楽とITでのんびり生きる田舎のおじさんのブログ

【#2分20秒の音楽 】猫好き作編曲家、山出和仁さんの音源が発売されました

 

twitterで知り合った、佐賀県の作編曲家である山出和仁さんのアルバムが発売になりました。

 

CD販売

 

 

2分20秒の音楽

 

Twitterのアップロード動画上限の140秒、2分20秒で完結する、優しくて、それでいて元気をもらえるような、そんな素敵な音楽を毎週日曜日の夜にアップロードされていらっしゃいます。

 

 

猫とビールが好き、という時点で個人的には大好きすぎる作曲家さんでしたが、その世界観や音楽性、音楽に対する取り組み方や考え方もすごく魅力的で、そういう人間的なものがにじみ出るような楽曲のとりこになるのに時間はかかりませんでした。

 

 

 

そんな山出さんと、いつもボーカルを取られていらっしゃる徳久 望(トクヒサ ノゾミ)さんのCD音源がこの度発売ということで、なんかCD買うのにこんなにわくわくしたの久しぶりな感じで即注文。

 

オーダーは専用サイトから。

CD販売

 

 

 

僕自身、もともとアーティスト活動もする傍ら、作曲家としても活動を始めて、そんな中で毎日アーティストとクリエイターのはざまで自分の活動の本質を探している気がします。

 

個人的にはアーティストとクリエイターは似て非なるものだと思っていて、自分が思うように好きに創作をするアーティストとと、依頼を受けて必要な楽曲を提供するクリエイターとだとは、作曲に対するモチベーションも違うのを最近は痛感していて。

 

これが僕のやりたかったことなのか?

とか、

何が僕の求める理想なのか?

とか、去年くらいからいつも考えていました。

 

クリエイターとしての実績や、家族を養うために有償の仕事を獲得する事を求めて、常に自分のやりたい音楽を作っていたかと問われても、正直あんまり自信なくて。

 

勿論、どちらの目線も景色も大事だし、相乗効果もあるし、どっちが正解だなんて無いのだけど、毎日葛藤して、なにが自分の幸せな音楽なのかを模索してました。

 

 

そんな時に出会ったのが山出さんの活動でした。

なんというか、本当に大切なものを思い出させてくれたような、「あなたのやってることは間違ってないから、自分を信じてやってみてよ」みたいな、まるで背中を押されるような気さえした。

 

不思議なもので、音楽は時として自分の知らないところで誰かを助けたりもする表現なんだよね。

 

 

 

VirginBabylon系とか、matryoshkaとか、chouchouとか、Sigur Rosとか、ビョークとか、ブライアンイーノとか、優しいアンビエントや暗めなラップトップ、エレクトロニカが好きな人はかなりお勧めです。

分からない人は調べてみてね、きっと言いたいこと分かると思うんで。

 

楽曲も最高だし、ボーカル曲の徳久さんの声も最高です。

 

悔しいくらい好き。

 

 

 

なんか久しぶりにCD買うのに興奮してるので、ここに残しておこうと思いました。

救われた恩もあるし(僕が勝手に)、これからも彼らの活動を本当に楽しみにしています。

 

配信関係はまだみたいだけど、CDという形に残してくださることも個人的にはとても嬉しいので、是非この機会に音源買ってみてください^^

 

CD販売

 

専用のサイトか、

徳久さんのライブ物販でも取り扱いあるみたいです。

 

いつか徳久さんとも共演してみたいです^^


twitter

山出和仁|作曲編曲愛猫家

@lurci_icrul 

 

徳久 望(トクヒサ ノゾミ)

@daretonarandemo 

 

 

Twitterで日々のつぶやきをチェック(´・ω・`)
広告
>ご依頼はお気軽にどうぞ

ご依頼はお気軽にどうぞ

歌もの楽曲の作詞作曲編曲から、動画やCM、各種イベントや祭事用のBGM、よさこい演舞曲制作、ゲーム用BGM制作など、幅広く対応可能です。 その他音楽に関するイベントや執筆など、作曲以外のご依頼も随時受け付けております。面白そうなものにはもれなく乗っかります。

CTR IMG