ライブハウスのノルマ(チケットノルマ)について本気だして考えてみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 42
スポンサーリンク

a0002_001156_m

チケットノルマ、出演ノルマ、ステージノルマ、言い方は色々有りますが
【ノルマ】という言葉に反応するバンドマンは沢山居るのではないでしょうか?

というかライブハウスでライヴするバンドマンにとって【ノルマ】と言う言葉は不可避ですよね。

今回はその【ノルマ】について個人的に考えてみました。

結構長いです(´・ω・`)

そもそもノルマって?

a0006_002418_m

バンドマンには馴染みのある言葉ですけど、お客さんや、ライブハウスに関わりの無い人達にとってはピンと来ないかもしれません。

いわゆる【チケットノルマ】で説明すると、、、、

例えば、とある無名バンドが地元にある『A』いうライブハウスでライブをしたいとします。

特別なイベントや企画など違うかもしれませんが、基本的にアマチュアバンドが地元ライブハウスでライブをする場合【チケットノルマ】というシステムバンド側に課せられます

チケットノルマというのはその日のライブチケット仮に1000円だった場合、1000円×○○枚」という形でバンドライブハウスに支払います

仮にその『A』というライブハウス一回のライブで30000円のチケットノルマ適用する場合お客さんがどんなに来ようが来なかろうが「1000円×30枚」お金をバンドからライブハウスに支払うという仕組みです人数でも変動したりします。使用料金と最低保証金が組み合わさった感じといえばいいのかな。

ノルマの金額はライブハウスによって違いますが都市になればなるほ相場は高い傾向にあります。 

この間ツアー中に他のバンドマンから聞いたんですけど都内にノルマ80000ていうところもあるそうです、すごい(´・ω・`)

また例えばチケットノルマ超える集客あった場合過剰バンドにバックされたりもします。パーセンテージもライブハウスによりますが、大体50~100パーセントバックペイラインも規定枚数から1売れるごとだったり、規定枚数プラス5以降からだったりと様々です

勿論貸切イベントだとかになってくるともっと大きい貸切料金払ったりすることになります。

あとツアーバンドにはこのノルマ課せられない場合が多いです 地元でもないし、余程有名じゃなければ集客自体厳しいですからね、ライブハウス側の配慮でもあると思います とはいえ、例外はあると思いますが

ノルマ支払ったお金はどうされるのか?

a1180_009326_m

お察し通りライブハウス維持費人件費機材のメンテナンス設備投資など、そのままライブハウス運営費として使用されてる思います

ライブハウスボランティアではないわけで、皆様家庭もありますし、仕事わけですので。  

先日とある若いバンドマン話す機会があり

「ノルマ高いから地元でライブ出来ない」

言っいました。 そういうバンドマン沢山いると思います。

でも、改めて考えてみると、ライブハウス働く人達僕達からお金を巻き上げる為にノルマ課せる訳ではなく単に運営のため課せてる訳です

それは云わばライブハウスに僕達から投資すると言っても過言では無いです

恐らく先述のノルマ80000円というライブハウスも、その分ブッキングが間違いないとか、集客ありそうな日に出演させてくれるとか、そういう対価が用意されてるんじゃないかな?

僕が今まで会ったライブハウススタッフの中でバンドに高いノルマを吹っ掛けて私腹を肥やしてる人なんて出会ったことないですむしろみんなお金無いとか言ってる位です

ライブハウス運営するのもきっと並々ならぬ苦労があります。 運営費のこと、騒音問題近隣住民との関わりい、上げたらきっとキリがない店長がバックレとかいうライブハウスちらほらありますしね、本当に大変なんだと思います。

ライブハウスじゃない場所ライブをして分かったこと

a0002_004655_m

heartleafが今の形態なってから、イベントなどに誘われたりしてライブハウスじゃない場所ライブをする機会が増えてまず衝撃的だったのは「出演ノルマが無い」ことでした。

僕は全然有名でも無いですししかしそれでも何にも支払わずライブ出来ることむしろ時にはギャラ貰ったりもすることにかなりの衝撃を受けました

これはライブハウスライブを続けてきたからこそ生まれた感覚だと思いますしむしろノルマというシステム知らない人のマジョリティなのだと知らされた瞬間でもありました。

その時の共演者は、基本的にはカフェとかでしかライブをやらないだったので勿論ノルマなんて知らないしギャラがどうだとかいう話をひたすら聞かされました

以前旧友がライブハウス始めたということで挨拶に行ったときアコースティックイベントやるんだけど出ないか誘われました

「ノルマは幾らですか?」

聞くとそんなの考えてなかった言っていました

「多分それなりにノルマを課せないと、集客にも影響が出るし運営はどうするのか?」

言うと確かにいていましたが。

そのイベントには出てないのでその後どうなったかは分かりませんがノルマについて考えさせられるきっかけになりました。

ノルママイナスでしか考えない人達

a0850_000399_m

僕も分かってなかった若い頃はノルマ高すぎる、思ってましたが今は然るべきシステムだと思っています。 

そりゃ、単価として捉えれば安くは無いかもしれないですがライブハウスも儲けるために登用してるシステムではないのです。

「ノルマなんて払いたくない」

って思うのも分かるけどそこで終わらせずに

「ノルマで赤字にならないためにはどうしたらいいか」

を、考えるべきです。

バンド活動も全部戦略だと思います

例えば1000×30ノルマならどうしたら30呼べるか呼ぶために何をするべきか?集客纏めるために月に何本ライブ組むのかとかね。

むしろ30以上呼べばバックが出るのならメンバ全員で知恵を絞って60目指してバッ貰えたら新しい音源グッズツアー資金したりできるチャンスかもしれない。そう考えられもする。

僕が長野でパンクバンドやってた時はそれこそどうやったら集客できるかリピーター増やせるか無い頭で必死に考えました

路上ライブしたり、アコースティック編成してみたり、フライヤーひたすら町行く人に手配りしたり、誰も貼らないようなところをポスター張ったり、着ぐるみ着てライブしたり、長野で誰もやらないようなことをやらないといけないな、メンバー話し合って片っ端からやってました。
僕がソロ活動始めたのも元々はバンドの布教のつもりからだったし。

周りからは色々言われましたが、お客さんは喜んでくれてたし、僕達は正しかったと思ってます。

その甲斐あってか最終的にノルマで赤字になったこと、あんまり無かった記憶してます
はっきり言ってその頃の長野市でそこまでやってるバンド他に居なかったしね

履き間違えてはいけないですよね。

「ノルマを払うためにライブする」

わけではなくて、

「そのシステムをどうやって自分達の力に変換するか

だと思います

今売れてるバンドマンもきっと元々は同じだった思うんですよ、出発地点はみんな同じアマチュアでした。
みんなきっと色々考えて今があるんだと思います。

共演したとあるアーティストが、

「ノルマとか払いたくないから、ライブハウスとかではライブをやりたくないし、小さいハコ(その時はカフェでした)でやればギャラも出る」

的なこと言ってました。

まあ、分からなくもないし、スタンスはそれぞれだと思いますがやっぱそういう人は一つ一つステージ集客はっきり言って弱いです

というか必死さみたいなのがまるで無いです。

まあ、そんなもんだろうなって感じでした。

そこら辺はノルマシステム奔走してきたバンドマン叩き上げられてますよ

まとめ

僕の考えは一つの案としてですが、間違いなく言えるのは、ノルマシステムで得られる事も数多く存在するということです。

例えば 「ノルマを払いたくない(赤字にしたくない)」 からの始まりだとしても、どうしたら黒字に出来るかが、どう戦略的に活動するかに繋がり、結果としてファンやリピーターを生む。
更にはより良いものを生み出すサイクルが生まれ、アーティスト力がどんどん培われていく。

そう考えると、ノルマシステムはライブハウスの為だけではなく、自分にとっての投資とも言えるのかもしれませんね。

バンドって本当に色々大変だけど、だからこそやりがいがあるし、人生勉強も沢山できる教科書みたいなものだと僕は思ってます。

続けないと見えない景色もいっぱいある。

そのいろんな景色を堪能出来れば、より充実した音楽ライフを送れるのかもしれませんね(´・ω・`)

それでは(`・ω・´)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

夫婦で音楽やっております。