tunecoreでの楽曲配信を停止する二つの方法

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

以前から配信でお世話になっているtunecoreですが、配信をかけている音源の中にもほとんど動かない楽曲が出てきました。

活動のランニングコストを減らすためにも他の配信サービスに移行したいので、該当の楽曲の配信を停止しようと思います。

影山(@heartleafkk)です。 先日、音源を無料で配信できるサービスfrekul(フリクル)にて音源を配信...

配信停止する方法は二つあります。

①お問い合わせフォームから連絡する

②更新のお知らせのメールが届いたら手続する

注意する点もありますのでそれぞれまとめておきます。

お問い合わせフォームから連絡する

今まで配信を停止したことが無かったので全然気がつかなかったんですが、どうやら期間中に配信停止をすることは原則としてできないようです。

どうしても期間中に配信停止をしたい場合は、必要事項を明記の上リンク先の問い合わせフォームから連絡すれば良いそうです。

調べると、どうやらこの方法で配信停止をやってる方もポチポチいるそうで、配信後に重大なミスが発覚したとか、次回更新の時に対応が出来ないなど、やむなく配信停止を考えている方はこの方法で良いかと思われます。

ただし、配信の手数料は最初に支払っていて、期間中に配信を停止しても残りの金額を日割りで返してくれることなどは一切してないようなので、そこだけは注意した方が良いです。

この方法が一つ。

更新のお知らせが届いたら配信を停止する

配信期間が終わる一ヶ月前くらいになると、tunecoreから【更新のお知らせ】のメールが届きます。

そのメールにリンクされている『更新しない場合の手続き』から配信を停止するのが二つ目の方法となります。

気を付けないといけないのは、このメールが届いても放っておくと自動的に手数料を引き落とされて配信継続されてしまう点です。

ですので、もし自己理由で配信停止したい場合は、配信完了する年月日をあらかじめ自分で確認しておいて、その一ヵ月前くらいになったら注意してメールをチェックしていた方が良いです。

配信停止が完了すると、オフィシャルから『配信停止手続きを受け付けた』という内容のメールが届き、サイト内のお知らせにも上記のようなメッセージが届きます。

僕の場合は個人的な事情ともあるので、更新のお知らせが来たら順次行っていく予定です。

まとめと注意

今回はtunecoreで配信している楽曲を、他のサービスを使って再配信する目的での手続きです。

ということで、早速他サービスで配信手続きをかけたいところですが、tunecoreは年間契約で配信をかけているため、期間が満了するまでは楽曲は普通に配信されています。

やむなく配信を停止した場合は恐らく近日中に配信停止になるはずですが、僕のように期間満了を待って配信を停止する場合、期間中に他サービスを使って配信をかけるのはNGです。

というのも、配信がかかっている楽曲と同じ楽曲を他のサービスで行うのは、どのサービスでも厳禁とされています。

重複して配信されると、恐らく色んな所でイレギュラーが起きるのでしょう。

ですので、僕のようなケースの場合、配信手続きを行ったあとは配信が停止を確認してから再配信しましょう。

配信期間内に配信を停止することは原則として受付できません。 契約更新の時期が近づきますとメールやアカウント管理者画面へ『更新のお知らせ』をお送りしますので、その際に更新日7日前までに更新、又は配信停止を選択して頂くことができます。 ただし、権利を失った等の止むを得ない事情がある場合は、お問い合わせフォームより下記を明...