音楽とITでのんびり生きる田舎のおじさんのブログ

「君がいてくれてよかった」と言われるように

 

 

 

バンドやってるとき、他人と何かプロジェクトをやるとき、家族や嫁といるとき、クライアントのいる仕事をするとき、いつも考えることがあって、それは

「君がいてくれてよかった」

と感じてもらえるような生き方とか活動を心がけること。

 

 

 

ケースバイケースだけど、

 

「お前とメンバーでいられてよかった」

「君といられて心強い」

「あなたに頼んでよかった」

「君がそばにいてくれて嬉しい」

「貴方と出会えてよかった」

「父ちゃんが僕の父ちゃんでよかった」

 

言われようはそれぞれだけど、根幹は同じ。

 

 

 

大事だと思ってる僕の基本的思考は、まず自分のやるべきを全うすることであり、全て他人のためというテーゼは後から付いては来るんだけど、

「自分にしかできないこと」

「代替が利かないこと」

っていうのを突き詰めていくと、結果として個の価値は高まるし、ニーズも生まれる。

 

相手のことも自分のことも同価値で、そこのバランスが崩れると逆に色々がうまくいかなくなる。

 

 

「君がいてくれてよかった」と言われたい

って書くと、すごく安っぽいんだけど、相互関係として「自分にしかできないことをする」ってのが裏側にある。

 

 

お金の大小とか、損得勘定だとか、そういうものだけが自分というコンテンツの対価ではないし、音楽のみならずどのシーンでも「君がいてくれてよかった」と言ってもらえるように。

 

 

すごく単純だけど、結構難しい。

 

でもすごく大事なことだと思っている。

 

 

 

 

Twitterで日々のつぶやきをチェック(´・ω・`)
広告
>ご依頼はお気軽にどうぞ

ご依頼はお気軽にどうぞ

歌もの楽曲の作詞作曲編曲から、動画やCM、各種イベントや祭事用のBGM、よさこい演舞曲制作、ゲーム用BGM制作など、幅広く対応可能です。 その他音楽に関するイベントや執筆など、作曲以外のご依頼も随時受け付けております。面白そうなものにはもれなく乗っかります。

CTR IMG