生と死

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

病室に入ると、彼女は既に死んでいた。

最後の言葉が何だったのか、今も思い出せない。

どんな声だったのかも覚えていない。

他人の全てを知るのは宇宙のすべてを知ることよりも難い

と、どこかで見たけど、

結局彼女の本当の心は分からないままだ。

当たり前にあるような一日は、

当たり前のように壊れてしまったし、

世界はそれを厭わないまま、

何事もなかったかのように日々は過ぎた。

神が人間に与えたもうた一番の試練は、

忘れることだと思っている。

どれだけ信じあった友人も、

その友情を忘れる。

どれだけ愛し合った恋人も、

その愛を忘れる。

喜びも悲しみも、全部夢だったかのように。

それでいいのかもしれないし、それじゃ駄目なのかもしれない。

ただ一つ言えることは、

今僕は生きていて、

忘れない努力は出来るということ。