音楽とITでのんびり生きる田舎のおじさんのブログ

食道アカラシア【poem】手術後二ヶ月検診に行ってきました

 

 

早いもので、僕が食道アカラシアのPOEM手術を受けてから二ヶ月が経ちました。

アカラシア、POEMについてはこちらから。

 

当初の予定通り、手術後の経過を診るために二ヶ月ほど経った2016年6月13日に、東京は江東豊洲病院まで行ってまいりました。

 

 

20160229_101649

 

食道アカラシア【poem】手術後経過報告

 

前回の記事の通り、謎の胸痛がたまに起こっていましたので、そこらへんを注意深く聞こうと意気込んで行ってきました。

 

 

 

とりあえず検査

 

 

病院では、食道内圧測定の検査、胃カメラ、バリウム造影の3つの検査をしました。

豊洲病院での胃カメラは基本的には麻酔を使った鎮静下での検査なので、胃カメラ苦手な人でも知らないうちに終わってます。前後しますが、食道の内圧の検査も胃カメラやる前に一緒にやっちゃうので身を委ねて指示通りのことをしていれば難なく終わります。鼻から管みたいなのを入れるので若干むせたりしますが(´Д` )

バリウムも5分くらいで終わりました。
そういえば、最近のバリウムって味付きなんですよね、飲み込み易かったです(´・ω・`)

 

諸々の検査が終わると、いよいよ先生の診察になりました。

 

 

診察。アカラシアは治ったのか??

 

 

以下、会話テイストな感じで書きますぽよ(´・ω・`)
全部書くと長いんで、大事なとこだけ落とさないように編集します。

 

 

 

先生::その後、お体の調子はどうですか?食べ物がつかえる感じや、胸の痛みはどうですか?

 

僕::食べ物のつかえなどはほぼ感じないです。胸の痛みはありました。ただ、手術する前に悩んでいた動けなるくらいの痛みは無いです。甘いものや油っぽいものを食べたあとだったり、朝起き抜けとかに痛みがでる気がします。

 

アカラシアはほぼ間違いなく治っています。POEMは成功です。ただ、胃カメラの写真を見てみると、「逆流性食道炎」の症状が見受けられますね。POEM手術を受けた皆さん、二ヶ月後の検診では殆どの方が同じような症状を訴えています。これはやはり、POEM手術を受けることによる副産物というしかありません。

 

なるほど。それでもアカラシアで受けていた苦悩が無くなっただけでも本当に嬉しいです(´;ω;`)
ちなみに、逆流性食道炎は根治するのですか?

 

一般の食道炎とは違いPOEMによって噴門が拡張されてしまっているので、根治は難しいかもしれません。「うまく付き合っていく」という方向が一番かもしれません。

 

これから気をつけたほうがいいことなどはありますか??

 

逆流性食道炎は、胃に過度の刺激を与えることで症状が強まります。なので、甘いものや油っぽいもの、カフェインなどもあまり食べ過ぎないようにしてください。また、食道炎によって食道が荒れすぎてしまうと「食道ガン」になる可能性が高まりますので、一年周期くらいで胃カメラを受けることをオススメします。

 

了解しました。
本当にお世話になりました。ありがとうございました(´;ω;`)

 

 

結果発表

 

 

 

ズバリ、

POEMでアカラシア治った(´;ω;`)

 

 

ほんと嬉しい(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)

 

家族にも、職場にも、色んな人にご心配をおかけしてしまいしたが、これであの胸痛に怯えることも無いと思うと嬉しさで宙に舞いそうです(´;ω;`)

 

とりあえず逆流性食道炎のことは、胃酸過多を抑える薬を3ヶ月位続けて様子を見てみようということになりました。

胃酸過多になりそうな生活ってメタボとかに直結しそうな生活環境だったりするし、体のことを考えると一石二鳥なのかもしれないです(というポジティブな考え方で生きていきます(´・ω・`))

20160614_170937

こちらが今回処方された薬。ネキシウム10。

 

 

今回の検査費用が8310円、薬代が2740円。
交通費や保険用診断書の分などを抜けば、検査入院から数えても8万円強でアカラシアをやっつけたことになります。

生命保険とか入っていれば確実に赤字にはならないはずなので、「高そうだし受けられないかも」なんて思っている皆様にも今一度POEMを検討していただけたら、と思います。

 

 

僕は身を以てアカラシアと戦ってきました。
飲み込むことが出来ず、吐くこともたくさんありました。

原因が分からず、病院を何軒もハシゴしました。
お金もかかったし、苦しくて泣いたこともあります。

痛みは本当に耐え難いもだったし、病気自体が稀有なので周りの理解も得られないことも多かったです。
それが13年続きました。

 

食道アカラシアはそのくらい、生活の質を落としてしまいます。

 

でも、アカラシアは治せる時代になりました。

高度先進医療でもなく、保険適用内でです。

 

一昔前は高額な医療費が必要でしたが、金銭的な面でも安心して手術を受けられます。

 

このことを今発信できるのは、多分日本で僕が一番早いはずです。

 

この記事が、アカラシアで悩んでいる多くの皆さんに届きますように。
同じような症状で悩んでいる人がいたら、アカラシアを疑ってあげてください。周りの人も。

 

アカラシアで苦しむ皆様の生活が少しでも良い方向に変わることを、長野の田舎から祈念しております。

 

御高覧ありがとうございました(`・ω・´)

 

 

 

Twitterで日々のつぶやきをチェック(´・ω・`)
広告
>ご依頼はお気軽にどうぞ

ご依頼はお気軽にどうぞ

歌もの楽曲の作詞作曲編曲から、動画やCM、各種イベントや祭事用のBGM、よさこい演舞曲制作、ゲーム用BGM制作など、幅広く対応可能です。 その他音楽に関するイベントや執筆など、作曲以外のご依頼も随時受け付けております。面白そうなものにはもれなく乗っかります。

CTR IMG