【蜂巣炎】蜂窩織炎の再発予防のために心がけている3つの事

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

何度かブログでも書いてますが、僕は持病ともいえる蜂窩織炎を持っています。

影山(@heartleafkk)です。 プロフィールにも書いてあるんですけど、僕色々と持病があって、その中の一つに...

かかりつけの皮膚科の先生いわく、僕はもともとアトピー性皮膚炎のため、比較的蜂窩織炎が再発しやすい(上皮に傷が付きやすいため)傾向にあるそうですが、極力個人レベルで再発しないように色々と心がけていることがあります。

人によって効果的ではないこともあるかもしれませんが、僕は今回の3つの心がけでだいぶ再発率が減ったように感じています。

お酒を控える

普段からあまりお酒を呑むほうではありませんが、会合だったり来客があったり、はたまたバンド活動の打ち上げだったりと、人並みにお酒を呑む機会があります。

そんななか、節操無くお酒を呑みまくった後に蜂窩織炎が再発しそうになることが多いことに気が付きました。

適度なお酒は善玉コレステロールを増やしたり、ストレス解消にもなったりするので体に良いこともあるそうですが、呑みすぎると内臓を疲弊させてしまい抵抗力や免疫力が下がると言われています。

恐らく僕の場合もそれに当てはまるようで、基本的には呑まないでいますが、呑む場合はやはり適度に嗜む程度にしています。

お酒が好きな方にはちょっとつらいですが、なによりも再発しないことが大事なので頭の隅にでも置いておいてください。

休息をとる

仕事でもプライベートでも忙しくて、寝る時間が短くなったり休息を取らないでいると再発する傾向が非常に高いです。

前項と同じく、そこには免疫力の低下が関係してきているようです。

ただでさえ年齢とともに体も衰え、基礎的な免疫力も低下しているため、仕事でもプライベートでも無理をしないことを最重要項目として生活しています。

仕事に関しては、周りの理解も非常に大切です。

無理をしないといけない時もあるかも知れませんし、徹夜を余儀なくされることもあるかもしれませんが、最低限の睡眠時間は確保する努力をしたり休み時間を設けたりするなど自助努力で工夫して生活していきたいです。

在宅事業などでなるべく体を使わない働き方なども視野に入れてもいいと思います。

影山(@heartleafkk)です。 突然なんですけど、僕割と病弱なんですね。 プロフィールにも書いてあるんですけ...

食品添加物を避ける

日常の暮らしの中で、販売されている食品で食品添加物を使わない飲食物ってあんまり無いんですけど、免疫力低下を促す啓蒙がされていているのはもうかなり一般的になってきました。

食品関係のことはあんまり意識して生きてこなかったんですが、飲食店で働く機会があったりして食品について学ぶことが増えたとき、食べ物はすごく大事なことなのだと感じました。

もともとアトピー性皮膚炎もあった手前、医食同源とは言い得て妙なのだということを知り、それ以来添加物やグルテンフリーなど、極力避ける生活を始めました。

とはいえ全ての添加物を避けるのにはお金も手間もかかるし、食べるものも無くなってしまうので、「完全除去」ではなく「極力避ける」というくらいの気持ちで取り組んでいます。

効果はかなりテキメンだと感じています。

アトピーも落ち着いているし、それに比例して皮膚の状態も良くなっているため、蜂窩織炎の再発抑制に一役買っている感じは非常にあります。

まとめ

極力再発しないように生活していますが、どれだけ気をつけていてもどうしたって再発してしまうときもありますが、やれる努力はしておきたいと思うし、実際気をつけるようになってから再発率はかなり下がったので、これからも無理なく取り組んで行きたいと思います。

なっちゃった時はなるべく早めに受診をオススメします。

どうしてもすぐに受診できない場合はこちらの記事をどうぞ。

影山(@heartleafkk)です。 先日記事に書きましたが、現在「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」という病気で動きが鈍...

良い本です^^