days

days

通り過ぎていく君の名を僕は何度呼んだのだろう臆病という名の庭で震えた浮かんでは消えていく時間の中で僕は何をしていたのだろうイミテーションのリ...

携帯短編小説 【黎明】

携帯短編小説 【黎明】

紗季はバスを待っていた。 高志が長野に来るときのバスはいつも決まって最終便だった。 田舎のバス停には今夜も自分以外誰もいないのだ、と紗季は...