音楽とITでのんびり生きる田舎のおじさんのブログ

 

先日、オーディオストックを使っているクリエイターの皆様向けのアンケートを実施しました。

 

 

150名ほどのアンケート結果です。

一目瞭然ですが、毎月1000円未満の方は60%、10000円に満たないクリエイターの数に至っては全体の87%でした。厳しい数字です。

 

 

ちなみに僕は毎月5000円前後を推移している感じです。

 

 

 

そのまま直下で月10000以上稼ぐ方にもアンケート実施。

 

 

結構驚いたんだけど、70%の方は素材数は100未満だそうです。

 

答えてくださってるのが23名なので総数にすると変動はあると思うけど、僕が現時点で100素材くらいなのでそれで月10000円は到達しちゃってるということです。

 

 

https://heartleafkk.com/?p=4670

 

 

今僕がトライしている「数を出す」作戦ですが、勿論素材が売れる可能性は高くなるけど比例して売り上げが伸びるか?というと、実はそうでもないのかもしれません。

ざっくり考察してみます。

 

 

考察

 

今回のアンケート結果から考察すると、まず分かりやすいのが「売れる素材と売れない素材」の差が大きく、コモディティ化が起きているであろうということ。

 

2019年一月の時点で、全体の素材数は約12万点にも及ぶ中で、売れる素材と売れない素材の格差が拡がっているわけです。

 

画一化した市場から脱却するのには、どうやって他との差別化を図るか?という部分が大事で、まあ簡単にその答えが出るわけではないんだけど、一般的な小売店舗でも「売れ筋」ってのはあるわけで、その「売れ筋」に乗ることが出来れば必然的に売り上げは伸びる。

 

 

 

購入層の視点で考えると、購入に至る経緯は2パターンあると思ってて、

 

一つは

「目星のクリエイターの作品を買いたい」

っていうのと、

「ただ単純に検索上位に来た良さげなものを買う」

っていう、二つ目の視点。

 

 

目星のクリエイターになるためには、「何かのジャンルで特化してそのジャンルでマインドシェアを取る」とか、単純に「クリエイターとしての認知度を上げる」とか、声の大きさとか数にも関わってくる部分も大事なのかなー、という感じかな。

 

 

ただ個人的にはそっちよりも検索上位になる方が大事だと思ってて、購入者がオーディオストック内のサーチエンジンから求めるジャンルの検索をかけた時に上位に表示された方が絶対に有利。

ブログで言うSEOです。

 

それらはどうやって選ばれているかは分からないんだけど、可能性としては良く売れているものだったり品質の高いものだったり、もしかしたら内部の方がちゃんと聴いて売りたいものをプッシュしているのかもしれない。

 

これは、もし自分がお店を開いたとして、商品を陳列するときには当然売りたいものもしくは良く動くものを目につきやすいところに置くだろうし、POPも力を入れるだろうという見地から。

 

 

まとめ

 

今回のアンケートから、少ない素材数でも売れるものは売れる。という結果を知ることが出来ましたが、それをどうやったら実現できるかはこれからも個々で考えていった方がいいかもしれません。

個人的には数を出すのは、売り上げを上げるための理由があるし、テーゼとしては間違っていないとは思うのでこのまま1000素材チャレンジはやってみるつもりです。

 

並行して、個人レベルでも販促の方法を考えたり、誰かの目星のクリエイターになれるようにトライ&エラーをしていこうと考えています。

 

 

 

オーディオストック&ストック収益の記事、他にも色々書いてますので是非。

 

BGM・効果音音楽素材「オーディオストック」に作品を登録しました

DTM初心者はオーディオストックで実力を磨けばいいんじゃないかな?

【オーディオストック】環境音の販売をするときの適正なボリュームは??

オーディオストックやってると依頼案件のボツが全然気にならなくなる話

【オーディオストックで稼ぐ】最近あんまり売れないので素材数を1000個にしてみます

【DTMで稼ぐ】ジャンルレスでストック曲を量産出来そうな方法を見つけたから試してみた

【DTMで稼ぐ】ストック型収入について考えてみた

【オーディオストック】Audio Stockのストック曲量産&時短のための工夫6選

 

 

まだエントリしたことない方は、僕の招待コード『YkerzElALHi9』を使用してAudiostockへの会員登録を完了すると、僕にも登録した人にも両方に”300円”がもらえます、是非。

https://audiostock.jp/

 

 

 

Twitterで日々のつぶやきをチェック(´・ω・`)
広告
>ご依頼はお気軽にどうぞ

ご依頼はお気軽にどうぞ

歌もの楽曲の作詞作曲編曲から、動画やCM、各種イベントや祭事用のBGM、よさこい演舞曲制作、ゲーム用BGM制作など、幅広く対応可能です。 その他音楽に関するイベントや執筆など、作曲以外のご依頼も随時受け付けております。面白そうなものにはもれなく乗っかります。

CTR IMG